一生懸命、のこと。

こういうお仕事をしていると、毎日とっても一生懸命働いてらっしゃる方がたくさん来てくださいます。少しでも息抜きの時間をご提供できればいいなぁ、というのが雑貨屋としてもカフェとしてもどちらも共通して思うところではあるのです。お店にいらっしゃる間はカフェでゆっくりと、ご自宅に戻られてからは雑貨でやすらぎの時間を、というのがこの店の(私が思う)理想的な使われ方だと思っております。

ところで、一生懸命なことはすごく良いのですが無理をしすぎていませんか?
人のために一生懸命なことはとても素晴らしいのですが、あなたが壊れてしまうことはきっと誰もが望んでいないと思うのです。そして、そこまでの責任を感じてやるべきことでしょうか?あなたが「会社員」などの雇われの立場であれば尚更、壊れるまで働くような責任は全く無いはずです。終わらない仕事をなんとしてでも終わらせる「責任」は「会社」にあるのであって、「従業員」に責任はないのです。

「私にしかできない仕事」というのは会社組織の中であってはいけないモノです。担当が違う、ということはあったにせよ「代わりが効く」のが組織化の一番のメリットなのですから。「組織化できていない」ことは従業員の責任ではありません。「会社」の責任です。決してあなたではないのです。

そして、日本では職業選択の自由が万人に保証されています。いつ辞めてもいいんです。あなたにその責任はないんです。事業継続の責任があるのは「会社」なんです。キリのいいところまで、と無理をしているとキリのいいところに行き着く前に倒れてしまいませんか?

お金がなくても必要な支援を受けることはきっとできます。
そのための知識ならいくらでも探します。
だから仕事「なんか」のためにあなたの大切な人生を犠牲にするのはやめてほしいのです。

せっかくなら、楽しく、笑って過ごしてほしいなと思うのです。
あなたの人生がこれから笑顔と喜びで満たされますように♪

関連記事

  1. 珈琲豆一覧、のこと。
  2. 大寒、款冬華(ふきのはなさく)
  3. より安心してご利用いただくために。
  4. 9/30日のこと。
  5. 焙煎教えてもらいました、のこと。
  6. 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)、のこと。
  7. 草露白(くさのつゆしろし)、のこと。
  8. 鴻雁北(こうがんかえる)、のこと。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP