雉始雊 (きじはじめてなく)、のこと。

二十四節気は「小寒」、七十二候は「雉始雊 (きじはじめてなく)」となりました。遂に第69候、旧暦も年末に差し掛かっております。

雉が求愛のために鳴きはじめる頃、ということで春ですね。
雪が全く降らず、日によっては暖かく感じる日すら残る今日このごろで、冬はどこへ行ったのでしょう?という気がしなくもないですが、春は近いです。

昨日、ブログをアップできず断念したのですが定休日のお休みで嶺北方面に行っておりました。
メインの用事は「カフェさくら通り」さんで私の高校時代の恩師が個展を開催しておられたのでお伺いに。偶然Instagramで先生のアカウントを見つけ、今回の訪問に繋がったわけですがネット社会ってすごいな〜と改めて感じる次第でございます。

少しずつな気がしますが、世の中は結構大胆に変わっているものですね。変化する毎日を楽しみながら、笑って過ごす日々を送りたいものです。

関連記事

  1. 虹始見(にじはじめてあらわる)、のこと。
  2. 水泉動(しみずあたたかをふくむ)、のこと。
  3. イベント楽しい、日常も楽しい、のこと。
  4. ちょっとだけ未来、のこと。
  5. 白木屋傳兵衛商店
  6. 日常再開、のこと。
  7. 遂に雪ですね、のこと。
  8. 食品衛生講習会、のこと。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP