麦秋至る(むぎのあきいたる)、のこと。

二十四節気は小満、七十二候は麦秋至る(むぎのあきいたる)です。
麦の穂が熟し、畑一面が黄金色に変わる季節だそうです。秋、と書いてありますが麦秋は夏の季語だそうです。難しいですねぇ。

明日から6月ですね。コロナ渦で本当にこの二ヶ月間を長く感じました。
4月の自粛中も、5月の自粛明けも不安なままで未だにこれからどうなるんだろう、という不安は尽きることはなさそうです。

雑貨にしろカフェにしろ、日々の安らぎを提供するお店なので出来る限りそういったモノから遠ざかっていたいと思ってはおりますが完全に忘れてしまうこともできないというもどかしさがありますね。
6月も現在と変わらず、できるだけドアを開けた状態でカウンターは1席減らして営業しております。雨などによりドアが開けられない場合は換気扇フル稼働しております。出入り口の消毒液やテーブルなどの消毒も行っておりますので、ぜひ日々のしんどさの逃げ場として使っていただければ幸いでございます。

6月の営業日カレンダー作成しましたので明日アップいたします。
今月は忘れずに作れました♪

関連記事

  1. 珈琲豆一覧、のこと。
  2. 23(日)DJ教室、のこと
  3. 日々勉強、のこと。
  4. 工芸のこと。その2
  5. 食品衛生講習会、のこと。
  6. 立春、東風解凍(はるかぜこおりをとく)、のこと。
  7. URALAと千年未来工藝祭、のこと。
  8. 日常再開、のこと。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP